キ───ッ
車の音。
ドンッ
何かがぶつかった音。
私が覚えているのはそれだけだ。
気が付いた時、私はここにいた。
昼も夜もない、太陽も月も出ていないこの世界。
ここが一体何処なのか、何故ここに私はいるのか、私にはわからない。
「もうどれ位の間、ここにいるのかな?」
やはり理由もわからずここに来たという、あつしが言った。

この世界にいるのは、私が知っている限りでは、私を含めて5人。みんな殆ど同時にこの世界に来た。
ちょっと不良っぽいきりゅう、私と同い年のあつし、眼鏡をかけた、少し知的なイメージのするひろおみ、セミロングの可愛い女の子、るみ。
そして私。
中学3年でウェーブのロングヘアという以外では、その辺にいる平凡な女の子。
きりゅうとひろおみとるみは、高1だと言っていた。
みんな自分の名前や年は覚えているのに、ここに来た訳はわからない。それまで何をしていたかという事も。

ここにいる5人にはわからないが、彼等がこの世界に来てからもう1週間がたっていた。

「一体いつにかったらここから出られるの?」
るみが言った。
「っんな事わかんねーよ!」
きりゅうが怒鳴る。
どれ位の時間がたっているのかもわからない中、みんな苛立ちはじめていた。
異質の世界での不安。
喉も渇かなければお腹も空かない。まるで、自分が死んでしまっているのではないかと思う。

カサッ
葉の音がした。
サラッ
───え?
出て来たのは、ロングヘアの綺麗な女の人…。
「あの…」
ひろおみが聞くのを遮って、その女の人ときりゅうが同時に言った。
「きりゅう?」「かりん!」
女の人は、かりんというらしい。
「きりゅう、この人と知り合いなの?」
るみが聞いた。
「ここに来る前の事を、覚えているのか?」
ひろおみも問う。
そう言われてみると、お互いの名前を知っているという事は、ここに来る前の事を覚えているかも知れないという事だ。

「こいつは村山かりん。俺の恋人だ」
みんながきりゅうを見る。
「でも、それ以外は…」
きりゅうが頭を抱え込む。
「思い出せないんだな?」
ひろおみが言った。きりゅうが頷く。
「僕も何度か思い出そうとしたが、無駄だった。何かの力が働いているんじゃないかと思う」
「………」
みんなが顔を合わせた。

「ねぇ…私達って、生きてるのかな?」
一番気になっていた事を、私は言った。
「死んでいるわけではありません」
答えたのは、かりんだった。
「私を含め、皆さんは今現実世界では原因不明とされて眠っているはずです」
「え?」
「オレ達が全員揃って同じ夢を見ているとでもいうのか?」
あつしが問う。
「いいえ。皆さんの精神だけが、この世界に来ているんです」
「………」
「どういう事?」
「皆さんは、現実世界で何か辛い経験をしているはずです。夢の世界に、逃げ込みたくなるような…」

「…かりんさん、どうして貴女はそこまで知っているんですか?貴女は何か覚えているんですか?」
ひろおみが聞いた。
「それは…」
「私が教えたからだよっ!」
かりんの声を遮って、別の声が聞こえた。

え?
「私はみぅ。この世界の案内役だよ!」
出て来たのは、猫の耳・しっぽがついた人(?)。半猫人っていうのかな?
「もう!探しちゃったよ。誰かがこの世界に入り込んだっていうのはわかったけど、なかなか見付からないんだもん」
「オマエ、何者だ?」
きりゅうが言った。他はみんな、呆気にとられている。
「だぁかぁらぁっ!みぅだって言ってるでしょ!!」
みぅが言った。

「…それで、僕達はどうすればこの世界から出られるんだ?」
ひろおみが口を開いた。
「うーん…みんなはねぇ、ここに来る前の事を覚えてないでしょ?」
みぅが言う。
「まずはどうしてみんながここに来たのか、思い出す必要があるんだよ。出たいならね」
「どうして?」
私は聞いた。
「だって、現実世界にいたくない理由(わけ)があったからここに来たんだもん。それがわからないのに戻っても、同じ事でしょ?」 「つまり、思い出せないんじゃなくて、思い出そうとするのを自分で拒んでるって事か?」
ひろおみが言った。
「まぁ、そういう事になるのかな」
みぅが言う。
「それからね、この世界では自分の思った通りの世界が作れるんだよ。家が欲しいなら、想像すれば出来るし…別にこんなジャングルみたいな場所にいなくても…」
「え?そうなの?」
私は驚いた。でも夢なら出来てもおかしくない。
試しに私は自分の家を出してみる事にした。
ボンッ
ボンッ
ボンッ
「本とだ…」
みんな同じ事を考えたようだった。次々に家が出来て、道路も出て来た。
「あ、それからね。今みんながここに来てから1週間たってるのね。1ヶ月以内にここから出ないと、永久にここから出られなくなるから」
「え?」
「私はもう行くけど、呼べばすぐに来るから。じゃねっ」
みぅはそう言い残すと、どこかに行ってしまった。

「で、これからどうする?」
あつしの言葉に、みんな顔を見合わせた。
「1ヶ月以内って事は、後3週間ちょっとしかないって事だよね」
私は言った。
「なあ、みぅは1ヶ月以内にここから出ないと、永久にここから出られなくなるって言ってたけど…その場合、どうなるんだ?」
あつしが言う。
「え?」
「つまり、現実世界のオレ達の身体は?」
「…持ち主がいないんだから…死んじゃう、とか?」
るみが言った。

「…もしそうだとしたら、ここから出られないんじゃなくて、僕達は消滅するって事にならないか?」
ひろおみが言う。
「どうして?」
「かりんさんは、この世界に来ているのは僕達の精神だと言いましたよね?」
かりんが頷く。
「じゃ、魂は?」
みんな、その意味に気付いたようだった。
魂がここに来ているのなら、身体がなくなってもここにずっといられるかも知れない。でも私達の場合、精神、つまり心だけがこの世界に来ている。魂も身体もなくなってしまった時、心だけが残るというのは考えにくい。

「…なぁ、かりんはどの位の間、ここにいるんだ?」
きりゅうが、急に思い付いたかのように言った。
「…私は、今日でちょうど3週間になります」
かりんが言った。
「じゃあもうあまり時間がないじゃないか!!」
きりゅうが叫んだ。
「…私はもう、ここに来た理由を思い出しています」
「え?」
「きりゅう、私はあなたと無理やり別れさせられて、ここに来たの」
かりんが話しはじめた。

「私の父は、厳格な人なの。きりゅうと私が付き合っている事を知った父は、人を使ってきりゅうの事を調べたわ。そして、突然私達を別れさせたの」
かりんは、息を一つついて続けた。
「何を言っても、父は聞いてくれなかった。きりゅうに合わせないという為だけに、私に学校を休ませて家に閉じ込めたの」
「酷い!」
るみが言った。
「…私、悲しくて悔しくて、もうこの家には…いえ、この世界にはいたくないって、思ったの。それで…」
「………」
きりゅうが、頭を抱えた。

「…どうして、今まで忘れてたんだろう…」
きりゅうが言った。
「思い出したのか?」
ひろおみの言葉に頷くと、きりゅうは話しはじめた。
「俺は…かりんが原因不明で眠っている事を知って…かりんが眠っている原因が知りたくて…気付いたら、ここにいたんだ」
「きりゅう…」
「かりん、俺と一緒に現実世界に帰ろう!」
きりゅうが言った。
「でも、帰ったらまた、あなたとは合わせてもらえなくなるわ。あなたに会えないくらいなら、私…」
「俺は、何度でもかりんの家に行って、付き合いを認めてもらう!だから…」
「やっほぅ!みぅだよんっ!」
きりゅうの声を遮って、またみぅの声が聞こえた。
どこから出て来るのか…。
「かりん、帰る気になった?」
みぅが聞くと、かりんはゆっくり頷いた。
「OK!じゃ、2人とも目を閉じてっ!」
みぅが手をかざすと、2人の姿は消えてしまった。
「…現実世界に、戻ったの?」
私が聞くと、みぅが頷いた。そしてまた、どこかに行ってしまった。

「行っちゃったね」
みんなは顔を見合わせた。
「…オレ達も、早く帰りたいな」
あつしが言った。みんなが頷く。
「………っ!?」
るみが突然しゃがみ込んだ。
「どうしたの?」
「…目が…見えないの…」
「え?」

「見せてみろ!」
真っ先に駆け寄ったのは、ひろおみだった。

「…おそらく、白内障じゃないかと思う。現実世界にいる時からだろうけど」
ひろおみが言った。
「………」
「るみ、思い出したの?」
私が聞くと、るみは頷いて言った。
「私…目の手術を受ける事になってたの。でも、偶然手術の確率が低いって事を知って…このまま目が見えないままだったらどうしようって…怖くなって…それで…」
「そうだったの…」
「るみ、僕と一緒に、現実世界に帰らないか?」
ひろおみが突然そう言った。
「え?」
「僕も思い出したんだ。僕の家は病院をやっていて、僕の将来は生まれた時から決められていた。僕は、それが嫌でたまらなかったんだ」
ひろおみは続けて言った。
「…でも、さっきるみが、目が見えないと言った時、僕は考えるより先に動いていた。あぁ、僕はやっぱり医者になるべきなのかなって、思った」
「ひろおみ…」
「るみ、手術の確率は0%ではないんだろ?もし手術が失敗してしまったとしても、僕が直すから…だから、一緒に帰ろう」
ひろおみが、るみの手を掴んで言った。

「…うん」
るみが頷いて言った。
「OK!」
その時、またみぅが現れて言った。
「じゃ、2人を現実世界に戻すよっ!」
「はるか、あつし、現実世界で待ってるよ!」
るみがそう言ったのと同時に、2人の姿が消えた。
「後はあなた達2人だけだね。呼ばれるのを待ってるよ!」
みぅは、そう言ってまた例のごとくどこかに行ってしまった。

4人が現実世界に帰ってから、どれ位の時間が過ぎたんだろう…?
あつしと私は、未だに何も思い出せずにいた。

「やっほぅ!何か思い出した?」
みぅは、あれからちょくちょくと遊びに来るようになっていた。
「全然ダメ…」
私はため息をついた。
初めて会った時から思ってたけど、みぅってどうしていつもこんなに明るいんだろう?
「なんか、引っかかってるんだよな…」
あつしがボヤっと言った。
「え?何が?」
「それがわからないんだよな…。オレが作った家、何かが足りない気がするんだよ」
あつしが言った。
「だって、この世界の私達の家って想像だけで建ってるものでしょ?足りないものがあっても、不思議じゃないんじゃない?」
「そうなんだけど…何か引っかかるんだよ」
あつしは腕組みをしてそう言った。
「ねえ、じゃ、あつしの部屋、見せてくれない?」
突然あつしが赤くなった。
「何考えてんのよ!?もう…みぅも、一緒に見てくれるでしょ?」
「うん。私は別にかまわないよ」
「じゃあ決まり!」
本とゆーと、他の人の家がどうなってるのか興味があった…ってのが本音なんだけど…。

「へぇ…結構付いてるね」
あつしの家は、片付いているというより、物が少ないように思えた。
「何か、足りないと思わないか?」
あつしが言う。
足りない物…ね。居間にはテーブルとテレビとャtァと…ある程度の物が揃っている。
あつしの部屋に入った時、私は違和感を感じた。ベットと本棚とMD等が置かれた部屋。
「わかった」
違和感の正体に気付いた。
「机とか、勉強に関する物が全然ない」
まぁ、勉強が好きって人はあまりいないだろうけど…一応机や筆記用具等は私の家にもあるし、あつしは受験生のはずなんだから、ないのはおかしい。
「思い出した!」
突然あつしが叫んだ。

「オレ、受験が嫌でさぁ…親に勉強しろって散々言われて、ここに来ちまったんだ」
あつしが笑いながら言った。
「…へ?」
私はつい、間抜けな声を出してしまった。
「みんなそんなの同じなんだしさ、今考えるとそんなに苦しむような事じゃないのにさ、きっとストレスとか溜まっちゃってたんだろうな」
けろっとしてそう言いのけるあつし。

「…じゃ、帰る?」
さすがのみぅも、拍子抜けした様子で言った。
「…はるかは?」
あつしが言った。
「私は…」
「大丈夫だよ!はるかもきっと思い出すよ」
みぅが、元気づける為にか、そう言った。
「うん。あつし、現実世界で待ってて!私もきっと帰るから!」
私は精一杯明るく言った。現実世界に帰れる保証なんて、どこにもないのに…。

「わかった。じゃあオレは、先に現実世界に戻って待ってるよ」
あつしが言うと、みぅは前の時と同じ様に、手をかざした。

あつしも、現実世界に帰ってしまった。私はいつになったら帰れるんだろう?
それとも…?
不安が、胸をよぎった。

「…るか!はるか!」
誰だろう?私を呼ぶ声が聞こえる。
「誰?」
「はるか、私は大丈夫だよ」
同い年位の子が、微笑んでいた。
「何の事?あなた誰なの?」

「はるか!はるかってば!!」
いつの間にか、私は眠っていたらしい。夢の中で眠っているのも、おかしな話だけど。
「みぅ?」
「どうしたの?はるか。眠りながら泣いてたよ」
みぅが言った。
「え?」
頬を触ってみると、涙の跡があった。
「どうして?私…」
「わからないの?」
…夢を見てたのは覚えてる。でも…
「ねぇみぅ。私、最近すごく眠いの。夢の中にいるはずなのに…」

「あのね、はるか。はるかがこの世界に来てから、もう28日目なの」
少し間をあけて、みぅが言った。
「前に私、1ヶ月以内にここから出ないと、永久にここから出られなくなるって言ったでしょ?」
みぅの言葉に頷く。
「それは、精神の抜けた状態に身体が耐えられるのが、1ヶ月までだからなんだ」
みぅは言った。
「…私、死んじゃうの?」
「ちょっと、違うかな?現実世界での身体がなくなってしまうと…永久にこの世界で眠りについてしまうの」

ショックだった。最近すぐに眠くなるのは…もう身体がもたなくなってきてるからなんだ…。
そう考えながらも私は、また眠ってしまいそうになっていた。
「はるか!はるかっ!」
みぅの声が聞こえる…。
返す言葉も出ないまま、私はまた眠りにおちていった。

「…るか、はるか!」
…夢?
「ねぇ見て、はるか」
夢の中の女の子は、猫を指差して言った。
「かわい───っ!」
あ…私がいる…。
夢の中の私は、その猫を抱きかかえた。
「可愛いね!あきちゃん!」

ぴょんっ
猫が、夢の中の私の腕から抜け出して逃げた。
「待てっ」クスクスクスッ…
夢の中の私が、笑いながら追いかける。

キキ───ッ
「はるか!危ないっ!!」
ドンッ





「嫌ぁ───っ!!」
───頭の中が、真っ白になる。

パチ
「はるか!?」
私は、目を開けた。みぅが心配そうに私の顔を覗き込んでいた。
「…みぅ、私、思い出したよ」
私は言った。

あの夢は、私の記憶。
あの後私は、私のかわりに車に跳ねられてしまったあきちゃんの手術中、病院のローカで眠ったまま、この世界に来てしまった。
私のせいで…その、罪の重さに耐えられなくて…。

「みぅ!私、戻らなきゃ!」
逃げるなんて、卑怯だもん。
みぅが、優しく頷いた。

「…はるか?」
気が付くと、私は病院のベットにいた。あきちゃんの顔が、視野に映る。
「あきちゃんっ!?」
私はベットから飛び起きた。現実世界帰って来たんだ!
「あきちゃん!手術は?怪我、何でもないの?」
私が言うと、あきちゃんは笑って、言った。
「はるか、私がそんなに簡単に、死ぬわけないでしょっ!」

「あきちゃん、ごめんね」
私は言った。
「はるか、1ヶ月近くも眠ったままで、私の方が心配しちゃったゾ!」
悪戯っぽい笑みを浮かべて、あきちゃんが言う。
「うん…ごめんね」
私はもう一度、あきちゃんに言った。

さて、その後彼等はどうしているかというと…。

神明(じんめい)きりゅうと村山(むらやま)かりん。
2人はきりゅうの頑張りもあって、今も仲良くやっている。

静香(しずか)るみ。
彼女の目の手術は成功し、そして、彼女が手術を受けた病院が、緒形(おがた)ひろおみ。
彼の家がやっていた病院だった。
今、ひろおみとるみは付き合っている。

谷口(たにぐち)あつし。
彼の通っていた学校は、滝口(たきぐち)はるか。
彼女と同じ学校で、あつしは今、はるかと付き合っている。
あつしとはるかとあきの3人で、受験勉強も頑張っていたり。

そして、6人は今でも連絡を取り合い、時々みんなで集まったりもしている。

あきも含め、勿論7人は大の仲良しだったり。