これは、もう3年も前の話になる。
僕が初めて彼女に出会ったのは、7月の冷房もきかない図書館の中だった。

「ねえ」
不意に僕は声を掛けられて振り向いた。
「そこの、上にある本、取ってもらえる?」
一目惚れだった。僕にそう言った女性(ひと)は、色白でとても綺麗だった。僕は思わずその人を見つめてしまっていた。
「あの…」
「あ、この本ですか?」
「ありがとう」
彼女はそう言って僕に笑いかけた。とても眩しい笑顔だった。
彼女が去って行った後も、彼女の笑顔が頭から離れなかった。
その日から僕は、その図書館に通っては彼女の姿を探すようになった。彼女は毎週水曜日に図書館に来ているようだった。
そんなある日、彼女が僕に話し掛けてきた。
「毎週ここに来てるのね。本が好きなの?」
まさか彼女を探しに来ているだなんて言えない。
「君も、毎週ここに来てるんだね。よく見かけるから」
「ええ、私本が好きなの」
「この間の…あの人の本好きなの?」
「ええ。あなたも一度読んでみたら?」
「うん。そうするよ」
「そういえば、まだ名前言ってなかったわね。私は桜沢愛美(おうさわまなみ)、あなたは?」
「僕は草薙海(くさなぎうみ)」
それから僕らは、時々会って話をするようになった。

「桜沢さん」
9月に入ったある日、僕は彼女に告白する事を決意した。
「何?」
「あの…」
「どうしたの?今日の草薙君、ちょっと変よ」
彼女が少し笑ってそう言った。
「僕…」
いざとなると、言葉がなかなか出て来ない。
「ひ…一目惚れなんだ」
「え?」
少し赤くなって、彼女が聞き返した。
「あの日、初めてここで会った時から、君の事が…好きなんだ」
「私もよ」
笑顔で彼女がそう言った。
「私も、草薙君の事が好き」
僕は、天にも昇る思いだった。
それから僕らは、付き合うようになった。

「今日は何処に行く?」
いつの間にか待ち合わせ場所になっていた図書館で、僕は彼女にそう聞いた。
「私ね、水族館に行きたい」
僕らはバスで水族館に向かった。僕も彼女も車の免許を持っていない。とは言っても、僕はまだ学生なのだが。

話忘れていたが、その頃僕は17歳で、学校にも行かず働きもせずに家にいた。彼女は20歳だったが、車の免許は取っていなかった。

水族館に着くと、僕らはまず先に熱帯魚の水槽に行った。2人とも熱帯魚が好きなのだ。
僕らの趣味は、共通している事が多かった。
「熱帯魚って綺麗だよね」
「うん」
「私もあんな風に泳いでみたいな」
彼女が言った。
「気持ち良さそうに泳いでるよね、本当。僕、かなづちなんだ」
僕はちょっと笑ってそう言った。
「私も」
そう言って彼女も笑った。
彼女の笑顔が見れるだけでも、僕は幸せだった。この幸せが、ずっと続けばいいと思った。

冬が過ぎ、2度目の夏がきた。

「海」
いつもの図書館で、彼女が呼びかけた。
「何?今日は少し元気がないみたいだけど…」
「ごめんなさい」
「…?」
「私もう、あなたとは付き合えないの」
突然の出来事だった。
「本当にごめんなさい」
そう言って彼女は図書館を出て行った。
僕は何が何だか、わからずにいた。それでも僕は、いつも待ち合わせていたはずの図書館に通い続けていた。
あれが夢だと、思いたかった。

そんなある日、いつもの図書館で、僕は突然女の人に声をかけられた。
「草薙…海君?」
知らない人だ。どうして僕の名前を知っているんだろう?」
「そうですけど…」
「私、鈴井真穂(すずいまほ)。愛美の事で、あなたに会いに来たの」
「愛美の事で?」
「ええ。愛美が、あなたの事をよく話していたから…あなたには、話しておかなきゃと思って…」
「…でも、僕は彼女とはもう…」
「わかってるわ。その理由を話しに来たの」
何が何だか、わからなかった。

「本当は、あなたには知らせるなって、言われてたんだけど…愛美、今入院してるの」
「愛美が?」
「愛美、ガンなのよ」
鈴井さんは、淡々と話し始めた。
「愛美、もう末期に入っていて、もうどうにもならないの。医者に、後1年の命だって言われて…それであなたに別れ話を…」
「そんな…」
「いつもあなたの事を話していたわ。すごく、幸せそうに。本当は、あなたに話そうかどうか迷ったんだけど…このまま知らずに過ごすより、彼女と過ごした方がいいんじゃないかと思って。愛美も、本当はあなたといたいのよ」
「じゃあどうして?」
「ガンってね、末期にもなってしまうと、すごく苦しむの。いくら薬で抑えていても。だから、そんな姿をあなたには見せたくないって…」
「…」
「愛美は愛美なりに考えたんだと思う。だけど私には、黙っている事の方が…」

「愛美の入院している病院を、教えて下さい」
「ええ。そう言ってくれると思っていたわ」

それから僕は、彼女のいる病院に行った。

病室に入ると、彼女は眠っていた。
僕は、青白い彼女の顔を見ながら決意していた。
彼女の傍にいる事を。

「…!?海、どうしてここに?」
目を覚ますと彼女は、ベットの横にいる僕に向かってそう聞いた。
「鈴井さんに、聞いたんだ。僕は、君の傍にいる」
「でも私…」
「傍に、いさせてほしいんだ。何があっても、僕は君から目を逸らさない」
僕は、はっきり彼女にそう言った。
彼女の頬に、涙が伝わっていった。
「君が、好きなんだ」

それから僕は、毎日彼女の入院している病院に通った。
「海、おはよう」
笑顔を作る彼女に、僕も笑顔を返す。
「おはよう」

彼女が助かるという可能性は、ないに等しい。彼女は日に日に体力を失っていく。でも僕には、彼女を見守っていく事しか出来ない。

「海、屋上に行きたい」
急に彼女が言った。
「でも…」
「平気よ。今日はいつもより少し調子がいいの。ね?少しだけ」
「いいよ。じゃ、行こう」
彼女はわかっているのだ。自分が後どれ位生きられるのかを。

屋上に着くと、彼女は気持ち良さそうに少し背伸びをして、僕に言った。
「ねえ海。私、もう長くないわ」
「…」
「わかるのよ。夏まで、持たないかも知れない」
「愛美…」
「海、私が死んでも、忘れないでね」
「…忘れないよ。絶対に」
そう言って僕は、彼女の唇にそっと、自分の唇を重ねた。

2度目の春になっていた。

8月の半に入った頃には、彼女はもうベットから起きられなくなっていた。
話す事すら辛くなっていたようで、毎日ただ痛みに苦しんでいた。

「海、私、あなたに会えて、とても幸せだった…本当に、ありがとう」
「愛美、僕も君と会えて幸せだった。本当に好きな人と、巡り会えたんだ」
「私が死んでも、あなたは幸せになってね」
それが彼女の、最期の言葉だった。
彼女は静かに、幸せそうに息を引き取った。

僕は、彼女が死んでも泣かなかった。
彼女は今も、僕の心の中で生きているのだから。
肉体は滅んでしまっても、心はずっと、生きているのだから。
彼女の人生は、無駄なものではなかったのだから。

君の笑顔を永遠に…。